HomeBlog

Top 10 Safety Tips for College Students

Philippines, Business

Top 10 Safety Tips for College Students

大学生へ安全性についての10のヒント

There are easy ways to prevent yourself from becoming more vulnerable than necessary or putting yourself into potentially harmful situations

ここには、必要以上に自分を弱くしてしまう事を防いだり、隙だらけで危ない環境から見を遠ざける方法があります。

Being on a college campus is fun but it’s easy to gain a false sense of security and feeling of safety when surrounded by your peers. After all, they’re just honest students like you, right? Wrong.

大学のキャンパスにいるのは楽しいとは思います、そしてあなたの友達や同級生に囲まれている時に安全感を得るのは容易な事です。 そして、彼らはあなたのような正直な学生だと思いますか? 違うんです。

It’s important to acknowledge and remember that you don’t always know who you can trust, even when you’re in the college campus bubble.

ここで重要なのは、大学のキャンパスにいる時であっても、信頼できる人がいつもわからないことを認識して覚えておくことです。

While the threat of danger may not always be your first assumption, it’s important to be prepared should a situation ever present itself.

大前提としていつもいつもななたの目の前に危険が及んでいると考えなくても良いですが、自分には及ばないと考えるよりも常に安全ではないと意識して準備することが大切です。

The following college safety tips can help you avoid dangerous situations or help you should you find yourself in a risky situation.

以下大学性に向けた安全対策のヒントは、危険な状況を回避したり、危険な状況に陥った場合にどうすればいいのか役立ちます。

1. Don’t allow technology to make you unaware of your surroundings

最新のテクノロジー技術により自分の周囲の注意を下げない

   phone

Everyone with headphones, a smartphone and an MP3 player knows – the minute you’re plugged in, you barely exist anymore! You stare at your phone, zoned out; not knowing what is going on around you. This, in essence, is exactly what you should be avoiding.

ヘッドホンを繋げられるスマートフォンやMP3プレーヤーを持っている人は今の時代、誰でも持っているものです。プラグに繋いだ瞬間にあなたはもういないのと同じです。!あなたは自分の持っている電話を見つめ、そこに集中してしまいます。 あなたの周りで何が起こっているのか分からない。 これは、本質的に、まさにあなたが避けなければならないものです。

When you start to find yourself becoming unaware of what’s going on around you is the time you need to consider turning the music down, putting your phone away and opening your eyes to what’s happening.

自分の周りで何が起こっているのか、分からなくなった時が聴いている音楽を一旦辞める良い目安になります。少し、携帯を置いて目を開いて周りを見てみて下さい。

The key to getting out of a potentially dangerous situation is to recognize it as such. This is nearly impossible if you aren’t even aware of the situations you’re walking into.

危険な状況から脱出するための鍵は、危険だと認識することです。 あなたが意識していなければ、不可能な事です。

2. Never walk alone at night

夜には、一人で歩かない

dark road

Walking around alone and in the dark is basically asking for trouble. Sure, there are times that you need to get from point A to point B which may occur at night, but you should always abide by the buddy system so that, should something happen, you’re not on your own.

一人で、暗闇の中を歩くということは、基本的にトラブルを自分から作っているようなものです。 例えば、夜にア点からウ点に向かわなければとします。その時、一人ではなく誰かと一緒に向かえば何かあった時、一人で対処しなくても誰かが一緒にいると言う事です。

3. Utilize locks

鍵を利用する

lock

While it’s easy to become relaxed in college life, there are some habits that should always remain standard. Locking your doors, especially when you’re alone or asleep, should be one of them.

大学生活でリラックスするのは簡単ですが、習慣化すべきいくつかの習慣があります。 特にあなたが一人で寝ているときにでも、あなたのドアをロックするなどいった事です。

Aside from allowing yourself to be vulnerable, it’s also much easier for theft to take place if you’re essentially providing easier access to burglars.

アクセスがしやすいという事はそれだけ注意していないという事になり、泥棒にも簡単に盗みに入られてしまいます。

4. Carry some emergency cash

緊急用に常に幾らか持ち歩く事

emergency cash

It’s good to have some cash on you at all times, just in case. Perhaps your credit card won’t work or your debit card gets lost. You never want to be stuck in a scary situation because you don’t have the necessary funds to get out of it as quickly as possible.

自分自身のためにもいつも現金を幾らか持ち歩くのは良いことです。 最悪のケースでクレジットカードが機能しなかったり、キャッシュ・カードが紛失するかもしれません。 できるだけ早く危険な状況から抜け出すためにもある程度必要な資金があれば、恐ろしい状況に陥ることは決してありません。

5. Locate the emergency system areas on campus

キャンパス内にある緊急システムを把握する

emergency system

Most campuses have emergency call buttons or phones scattered throughout campus for students to utilize in the event of an emergency. Find out what your campuses system is and locate the areas in which the systems are placed. Should you ever find yourself in trouble, it will be much easier if you know where you can call for help.

ほとんどのキャンパスでは、緊急時に学生が利用できるように、キャンパス内に点在する緊急ボタンや緊急連絡用のシステムがあります。 あなたのキャンパスにどんなシステムがどういったものであるかを調べ、緊急システムが置かれているエリアを見つけます。 困ったことがあったら、どこに助けを求めることができるかを知っていればもっと快適になります。

6. Know your way around campus

キャンパス周辺を知る

surroundings

In addition to paying attention to your surroundings; you should know your surroundings as well.

Take time to become familiar with campus landmarks and streets so that you are able to navigate your way around – or out of an area, should you need to.

あなたの周辺に気を配る事に加えて、 自身で周辺を知るべきです。

キャンパス周辺のランドマークや通りに慣れ親しむように時間をかけて、いざという時に動く事ができます。

7. Never stay at a party when your friend leaves

友人が帰った後に決してパーティーに一人で残らない

party alone

No, you don’t need to call it an early night just because one of your friends does. But, what you should do is ensure you always have a minimum of one person with you that you know (and know you can trust).

他の友人がしているからといってあなたがしても良いとは限りません。一番気をつけなければならないのは、あなたが知っている人(そしてあなたが信じることができる人)が常に同じ場に一人でもいるという事です。

Being alone in a party setting isn’t smart – go home if you’re going to be alone because it is not worth the risk to stay – no matter how nice everyone there seems.

パーティーの場で、しかも知り合いがいない状態で一人であることは賢明ではありません。あなたが一人でいるならば、帰ること事こそ危険を事前に避ける懸命な判断です。

8. Avoid becoming inebriated and losing control

控えめになり、自己コントロールを失わないようにする

self control

If you’re getting to the point that you don’t have control of yourself or your surroundings, you need to stop and think about the types of situations you’re putting yourself in.

自分や自分の周りをコントロール出来ない状況になっている場合は、自分がいるその状況打破し、考える必要があります。

It’s far too easy for others to take advantage of you or a situation if you can’t think or act rationally.

あなたが合理的に考えたり行動できない状況で、他人があなたやその状況を利用するという事は非常に簡単な事です。

9. Always have emergency contacts on you or in your device

自分の携帯には常に緊急の連絡先がある状態

emergency contact

If you have a smartphone, program emergency numbers into it. It’s one of the first spots hospitals check if you’re admitted alone because they are able to bypass your pass code in order to access your contacts.

スマートフォンをお使いの場合は、必ず緊急電話番号を登録しておいてください。 緊急時に自分の連絡先により簡単にアクセスすることができるので、もし何かがあった時に一人で入院する場合、病院側がチェックする最初のポイントの一つだからです。

Additionally, list your important emergency contact numbers and information in your planner, if you carry one. Whatever items you have on a regular basis are good spots to keep emergency information.

そして更に、重要な緊急連絡先の番号とその情報を自分の手帳に記載してください(常に持ち歩いている場合)あなたが常に持っているものは、緊急情報を保管するのに最適の場所です。

10. Consider carrying pepper spray, a whistle or taking a self-defense course

唐辛子スプレーやホイッスルの携帯、そして自己防衛を学ぶ抗議を取ることを検討する

self defence

The hope is certainly that you’d never need to make use of these defense mechanisms, however, having them with you can make a life-saving difference in harmful situations you otherwise might not be able to get out of.

もちろん、これらの自己防衛方法を使う必要は決してありませんが、そうでなければあなたが逃げることのできない被害にあった時、自分の身を危険から守れるようになります。

If you liked this article
please click on the "Like!".

 

< BLOG TOP

Facebook

C-NET Philippines, Inc.

09560381847(日本語対応)
Globe 09667181660 / Smart 09286785241

お問い合わせ / INQUIRY FORM

Hours : 9:00 a.m. – 6:00 p.m. (closed weekends and holidays)

7/F Maripola Building, 109 Perea St., Legaspi Village, Makati City, Metro Manila, 1229, Philippines.